ダイエットのおすすめ方法診断

ダイエットのおすすめ方法診断

まず、ダイエットの種類について大まかに分類したいと思います。

 

運動系

 

食事制限系

 

 

運動系

 

有酸素運動をしてカロリーを消費していくもの

 

ウォーキングやジョギングなど比較的、軽い運動で30分など続けて行うことのできるものがこれに当てはまります。

 

筋トレなどで筋肉をつけて基礎代謝を上げていくもの

 

筋トレなどの、キツイ運動で続けて行うことが困難なものがこれに当てはまります。

 

両方をミックスしたもの

 

有酸素運動をしながら、筋トレをするようなメニューがこれに当てはまります。

 

 

食事制限系

 

食べるメニューを制限するもの

 

糖質制限などがこれに当てはまります。

 

詳しい内容はこちら

 

食べる時間をきめるもの

 

18時までにご飯を済ませる方法やプチ断食などがこれに当てはまります。

 

詳しい内容はこちら

 

今まで食べていたメニューを他の食品に置き換えるもの

 

低カロリーに食品に置き換える方法や朝バナナなどがこれに当てはまります。

 

私は1食を酵素ドリンクに置き換える方法をおすすめしています。

 

詳しい内容はこちら

 

食べる順番を工夫するもの

 

野菜などを最初に食べる方法などがこれに当てはまります

 

 

短期間ですぐ結果が欲しいという方におすすめなのが

 

糖質制限等のダイエット方法です。

 

メリット

 

すぐに効果が実感できる

 

普段とっていた糖質を取らなくなるので、体重はどんどん減っていくはずです。

 

デメリット

 

食べていいものの条件が厳しい

 

条件が厳しいので、用意するのも大変ですし、意志を貫くのが大変です。

 

糖質制限等のダイエットは、短期間で効果は期待できますが、長期間となると継続が難しいのでおすすめできません。

 

意志がつよく、周りに流されない方におすすめです。

 

 

自分でご飯の時間を上手くコントロールできる人におすすめなのが

 

18時までにご飯を済ませる方法です。

 

メリット

 

食事の量などは変える必要がない

 

気をつけるのは時間だけなので、食べる量さえ変わらなければ他は気にする必要はありません。

 

デメリット

 

時間を過ぎてしまうことがある

 

人との付き合いや仕事の関係などでどうしても時間を守れないことがでてきてしまうと思います。

 

やはり、自分のペースで仕事や人付き合いができているひとにおすすめです。

 

 

ダイエットが上手くいったことがないよという人におすすめなのが、

 

今まで食べていたメニューを他の食品に置き換える方法です。

 

メリット

 

手軽にできて、アレンジが利く

 

たとえば、1食だけ白米を豆腐やキャベツに置き換えたり、無理せずに行うことができる。

 

それでもいつも飽きてしまうと人には酵素ダイエットがおすすめです。

 

酵素ダイエットとは?

 

 

デメリット

 

ちゃんとルールを決めておかないと曖昧になる

 

アレンジが利くからこそ、自分に甘くなってしまうのできちんとルール決めをしたほうがよいです。

 

更新履歴